HOME > 小倉きふね病院について > 沿革

沿革

昭和47年4月 松井病院開設 70床
昭和55年3月 36床増床し、106床とする
平成10年6月 療養病床へ一部移行 90床のケアミックス型とする
平成11年7月 日本医療機能評価認定 複合A第8号取得
平成14年3月 一般病棟53床 療養病棟46床
平成14年3月 増改築完成(一部9階)
平成14年5月 開放型病床 届出
平成15年1月 特殊疾患病棟入院2
平成15年11月 一般病棟23床 Ⅰ郡入院基本料2
療養病棟30床
特定疾病療養棟46床
平成16年7月 日本医療機能評価更新 第MA8-2号取得
平成18年4月 一般病棟入院基本料15対1 一般病棟53床
特殊疾患病棟入院基本料2 療養病棟46床
運動器リハビリテーション科(Ⅱ)
脳血管疾患等リハビリテーション科(Ⅱ)
栄養管理加算
平成18年7月 療養病棟入院基本料 8割未満 療養病棟46床
平成18年8月 韓国老人病院協議会研修団 来院
平成18年12月 診療録管理体制加算
平成19年6月 運動器リハビリテーション科(Ⅰ)
平成20年4月 松井 豊 院長就任
平成20年6月 脳血管疾患等リハビリテーション科(Ⅱ)
平成20年12月 一般病棟入院基本料15対1 一般病棟46床
療養病棟入院基本料8割未満 療養病棟53床
言語聴覚療法 開始
平成21年1月 回復期リハビリテーション病棟入院基本料2
回復期リハビリテーション病棟23床
療養病棟30床 療養病棟入院基本料8割未満
平成21年6月 脳血管疾患等リハビリテーション科(Ⅰ)
平成21年9月 松井 豊 理事長就任
一般病棟入院基本料13対1 一般病棟40床
亜急性期入院医療管理料1 亜急性期病床10床
平成22年3月 呼吸器リハビリテーション科(Ⅰ)
平成24年4月 松井病院開院40周年(7月8日開院40周年記念イベント開催)
平成26年5月 一般病棟入院基本料13対1 一般病棟26床
地域包括ケア病等46床(一般)
回復期リハビリテーション病棟27床
平成27年1月 回復期リハビリテーション病棟23床 一般病棟30床
平成30年9月 急性期一般病棟7 30床
回復期リハビリテーション病棟3 23床
地域包括ケア病棟2 46床
平成30年12月 貴船町に新築移転し、院名を「小倉きふね病院」に変更

Copyright © 2018 医療法人社団 天翠会 小倉きふね病院 All Rights Reserved.